都市計画マスタープランを考える市民サロン

2014年5月2日 更新

調布市都市計画マスタープランの改定に向けて検討を進めています

都市計画マスタープラン(以下、「マスタープラン」という」)は、将来に向けてのまちの姿を示し、その実現に向けての長期的な街づくりを進めていくための方針となるものです。市では、市民の皆さんと議論を重ね、平成10年に「住み続けたい緑につつまれるまち 調布」を将来都市像に掲げたマスタープランを策定しました。これまで、マスタープランに掲げる市の将来都市像の実現に向けて、都市計画や街づくりを進めてきましたが、策定後14年余りが経過し、市の街づくりの進展や都市計画法・建築基準法などの関連法の改正、社会情勢の変化などを踏まえ、マスタープランの改定に向けて検討を進めています。
改定に当たり、市民の皆さんの意見を反映させるため、自由参加形式による「都市計画マスタープランを考える市民サロン」を定期的に開催し、見直し作業を行っています。

都市計画マスタープランとは

都市計画法に基づき各自治体の創意工夫により街づくりのビジョンや地域別にあるべき街の将来像を示すもので、市議会の議決を経て定められた行政運営の方針である「基本構想」、東京都が策定する「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針」を受けて、都市づくりに関する施策方針を示すものです。市が定める都市計画や都市整備の分野においては市の最上位計画となりす。

第13回 都市計画マスタープランを考える市民サロンの開催のお知らせ

日程

平成26年5月16日(金曜日)午後7時から

場所 

調布市教育会館2階201・202会議室

主な内容

調布市都市計画マスタープラン(案)についての説明を行います。

(注)当日直接会場へお越しください
(注)お車でのご来場はご遠慮ください
(注)今後の開催は、市報や市のホームページなどでお知らせします。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部都市計画課
電話番号:042-481-7453
ファクス番号:042-481-6800

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。