医療・介護ベッドに係わる死亡事故発生

2015年4月1日 更新

介護ベットにかかる事故の危険性がわかるマークの画像

介護ベッド用手すり(サイドレールなど)による死亡・重大事故が発生しています

死亡事故の多くは,利用者の首がサイドレールとサイドレールのすき間やベッドボードとサイドレールのすき間に挟み込まれたことによるものです。危険な部分があるかどうかを確認し,正しい使い方によって未然に事故を防ぎましょう。

対応策

  • クッション材や毛布などですき間を埋める
  • すき間を埋める対応品を使用する(対応品の内容については各ベッドメーカーにご相談ください)
  • サイドレール等の全体をカバーや毛布で覆う
  • 危険な状態になっていないか,定期的にベッド利用者が目視確認を行う

詳しくは外部リンクの消費者庁のホームページをご覧ください。

トラブルが起きて解決できないときは消費生活センターにご相談ください。

 

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化振興課
電話番号:042-481-7139・7140
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。