「地域カルテに基づく事業提案制度」による平成24年度提案事業

2016年7月14日 更新

地域カルテに基づく事業提案制度

「地域カルテに基づく事業提案制度」とは、地区協議会のネットワークを基軸に、市民の方々が普段から感じている地域課題を検討・協議した「地域カルテ」を作成し、課題解決のための事業を市に提案していただく制度です。これは、地区協議会から市に提言する際の具体的な手続を定めたもので、地域の意思をまちづくりに反映し、市民と行政との適切な役割分担のもと、一緒に取り組んでいこうという仕組みです。平成24年度の提案提出期限である平成24年9月28日に、石原小学校地区協議会、富士見台地区協議会の2つの地区協議会から事業提案されました。

石原小学校地区協議会・提案事業名及び事業費

  • 地域防災力強化事業(災害時掲示板の設置2箇所) 100万円
  1. (注)提出された様式等については、ダウンロードファイルをご覧ください。
  2. (注)石原小学校地区協議会については、リンク先をご覧ください。

富士見台地区協議会・提案事業

  • 震災時の避難場所が解る地図看板の設置(避難場所等を記した地図の設置3箇所)
    300万円
  1. (注)提出された様式については、ダウンロードファイルをご覧ください。
  2. (注)富士見台地区協議会については、リンク先をご覧ください。
(注)地区協議会、制度の概要、提案事業の実施についてはリンク先をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 協働推進課
電話番号:042-481-7036・7122
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。