調布市戦争体験映像記録事業

2013年1月23日 登録

DVD作品「調布市戦争体験映像記録」画像
調布市では、戦争を体験された世代が年々少なくなっているなか、戦争の悲惨さ、平和の尊さを後世に語り継ぐため、戦争を体験された市民の方々のお話をDVDに収め、記録し、保存していく事業を行っております。制作したDVDは市内図書館に配架し、どなたでもご利用いただけます。ぜひご活用ください。

平成24年度平和祈念事業 戦争体験映像記録事業概要

目的

戦争を体験した世代が年々少なくなってきている中、戦争の悲惨さ、平和の尊さを後世に語り継ぐため

概要

戦争体験者が自身の体験談を語っている様子を記録したDVD映像作品を制作し、市内図書館に配架・市内小中学校等に配布し、戦争を知るための資料として広く活用していただく。

映像作品について

  • DVD容量
    45分
  • 出演人数
    3人(1人15分程度×3人)
  • 出演者の選定
    庁内平和関連部署等の紹介で御協力いただけた方
  • 映像の内容
    出演者3人それぞれが戦争体験を語っている映像。その他、体験者自身の写真等の映像資料等や用語説明テロップ挿入予定。
  • DVD制作枚数
    市内小中学校、図書館等の施設に配布するため60枚程度制作

撮影・編集作業について

撮影

市と業務受託者(NPO法人調布市民放送局)が行う。収録場所は原則文化会館たづくりスタジオ若しくは体験者の希望する御自宅等で、インタビュー形式で行う。

編集

完成品の映像はより視聴者が視聴しやすいものにするため、一人15分程度に編集をする。編集は市と業務受託者のみで行う。

完成物の使用

完成した映像資料は平和学習の資料とするため、市内公共施設及び市内小中学校への配布・貸出をはじめ、営利を目的としない平和祈念事業の会場等での放映等で使用する。

完成物の複製、再編集

映像資料が完成した後、市が必要と判断した場合、改めて複製の作製、再編集による新たな映像作品の制作を行なう。(注)完成物の著作権は市にあるものとする。

今まで発行したDVD

「調布市戦争体験映像記録」 刊行物番号2011-265(平成24年3月作製)

  • 収録時間60分40秒。
  • 市内図書館で貸出ししております。
  • 市内戦争体験者4人の方のお話(一人15分程度)を収録しています。
  1. 陸軍中野学校について
  2. 広島での被爆体験について
  3. 戦時中の暮らしについて
  4. 東京大空襲の惨劇について

その他の平和祈念映像資料

「戦争の記憶」 刊行物番号2012-82(平成24年発行)「おススメ」

  • 収録時間13分44秒。
  • 市内図書館で貸出ししております。
  • NPO法人調布市民放送局が制作した映像資料を市が発行したものです。
  1. 調布の空襲
  2. 青南国民学校学童集団疎開
  3. 空襲の体験
  4. 昭和20年5月25日

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化振興課
電話番号:042-481-7139・7140
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。