調布市特定不妊治療助成金交付

2017年4月4日 更新

調布市では、高額な特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受ける方に対して、経済的負担の軽減を図るため、東京都が実施している特定不妊治療費助成制度に加え治療費の一部を助成しています。

助成の内容

1年度につき1回。各治療内容の東京都特定不妊治療助成費を超えた費用のうち、1万円を限度に助成します。

 (注)都助成の申請の際に提出した特定不妊治療費助成事業受診等証明書の領収金額から、都助成額を差し引いた額が助成対象となります。領収金額が各治療内容の都助成限度額に満たない場合、東京都の制度で全額助成がされるため市の助成は受けられません。

対象者

東京都特定不妊治療費助成制度の助成承認決定を受け、1.2の要件を満たす方

  1. 東京都特定不妊治療費の承認決定日に夫婦のどちらか一方が調布市に住所を有していること
  2. ほかの区市町村から、同種の助成をうけていないこと

申請期限

都助成の承認決定日の属する年度内(年度とは、4月1日より3月31日まで)

(注)平成28年度分の申請受付は終了しました。
なお、平成29年1月から3月に都の承認決定を受けた方で、3月31日金曜日までに申請書の提出が難しかった場合に限り、6月30日まで(郵送の場合は6月30日消印有効)申請を受け付けます。ただしこの場合は、平成29年度分の助成対象となります。

必要書類

  1. 調布市特定不妊治療助成金交付申請書
  2. 委任状
  3. 東京都「特定不妊治療費助成承認決定通知書」の写し
  4. 都助成の申請の際に提出した「特定不妊治療費助成事業受診等証明書」の写し
  5. 特定不妊治療を受けた医療機関の「領収書」の写し 
  6. 振込口座の口座番号、口座名義人等を確認できる書類 (例 通帳・キャッシュカードなど)
  7. 印鑑(シャチハタは不可)

申請方法

必要書類を持参のうえ、原則として直接、健康推進課に申請してください。

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 健康推進課
電話番号:042-441-6100
ファクス番号:042-441-6101

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。