調布市長が所轄庁となる社会福祉法人

2016年9月15日 更新

社会福祉法人に係る認可、指導検査等に関する権限移譲

地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律(いわゆる「地域主権推進一括法」)による社会福祉法の一部改正に伴い、平成25年4月1日から、下記に記載する社会福祉法人の所轄庁が東京都知事から調布市長に変更されました。これにより、同日以後、当該社会福祉法人に係る認可、指導検査等に関する事務は、調布市長が行います。

調布市長が所轄庁となる社会福祉法人

主たる事務所が調布市の区域内にある社会福祉法人であってその行う事業が調布市の区域を越えない社会福祉法人は、調布市長が所轄庁となります。
主たる事務所が調布市の区域内にある社会福祉法人であっても調布市以外の区域におい て事業を実施している場合は、東京都知事(主たる事務所の所在地が東京都の場合)または厚生労働大臣(事業が2つ以上の地方厚生局の管轄区域にわたるもので、全国を単位として行われる場合等)が所轄庁となります。

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 福祉総務課
電話番号:042-481-7101~2・7323
ファクス番号:042-481-7058

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。