災害時のペット対策

2013年7月1日 更新

普段からペット対策を心がけましょう

ブラッシングをしているイラスト

震災や風水害等の災害はいつ起こるかわかりません。災害時、ペットと一緒に避難できるよう、普段からペット対策を心がけましょう。

しつけや手入れ

避難所では動物が苦手な方や動物アレルギーの方もいらっしゃいます。ほえたり、暴れたりしないよう、普段から基本的なしつけをしておきましょう。また、ブラシ等でペットの毛を手入れしておきましょう。

ワクチンのイラスト

予防接種

避難所では多くのペットがいるため、伝染病にかかる可能性があります。ペットが伝染病にかからないように、定期的にワクチン接種をしておきましょう。

備えておくもの

人と同じように、ペットの食料や生活用品を備えておきましょう。ペットフードや水は1週間分を準備し、特に長期保存できるものにしましょう。また、ケージ・救急用品・敷物・タオル・新聞紙・排泄袋・ペットの写真(はなればなれになった際の手がかり)等を準備しておきましょう。

このページに関するお問い合わせ

総務部 総合防災安全課
電話番号:042-481-7346~8
ファクス番号:042-481-7255
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。