調布市事業承継実態調査報告書

2013年8月13日 更新

調布市の事業承継(後継ぎ問題)の実態を取りまとめました

調布市内の中小企業経営者の50%以上が60歳以上という現状(平成22年 調布市事業承継実態調査結果)を踏まえ、今後起こりうる「事業承継問題」を見据え、事業承継の支援策を講じるための基礎資料とするため、事業承継実態調査を行いました。
その調査結果をまとめた「調布市事業承継実態調査報告書」を作成しました。
報告書は、産業振興課(市役所3階)で閲覧・配布しております。 

調査目的

  • 今後起こりうる「事業承継問題」を見据え、事業承継の支援策を講じるための基礎資料
  • 事業承継を身近な問題として捉えてもらうための意識啓発(気づき、問題提起)

調査対象及び方法

  1. 調査対象
    NTTデータを参考に市内中小企業の中から上場企業や支社・支店を除いた3,663社
  2. 調査期間・方法
    平成24年7月から9月 郵送によるアンケート調査
  3. 回収率
    23.1%(回収数 847事業所)

調査内容

事業所の概要、経営者のプロフィール、事業承継の実態、事業承継に関する意識等、全34の調査項目

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 産業振興課 産業労働支援係(産業労働支援センター)
電話番号:042-443-1217
ファクス番号:042-443-1218

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。