第20回調布市消防団ポンプ操法大会を開催

2017年7月13日 登録

ポンプ操法大会

7月1日午前8時30分から、消防大学校において、第20回調布市消防団ポンプ操法大会を開催しました。この操法大会は、昭和43年から開催されている歴史ある大会で、消防団員の日頃からの訓練意欲と士気高揚に努め、災害防御の基本である操法技能の向上を図るために行っております。操法大会では、操作開始から放水による「火点」と呼ばれる的を倒すまでのタイムや動作の正確性を、市内の15の消防分団が競いあいました。閉会式ではタイム、規律等の項目で特に秀でた上位5個分団が表彰されました。

開会式の様子の写真選手宣誓の写真

操法とは

操法とは、消防団員の訓練における消防用機械器具の取扱い及び操作をいいます。  

火点を倒した時の様子の写真審査中の様子の写真

表彰の結果

7分団表彰の様子の写真7分団操法時の様子の写真

優勝 第7分団

15分団表彰の様子の写真15分団記念撮影の写真

2位 第15分団

6分団表彰の様子の写真6分団記念撮影の写真

3位 第6分団

9分団表彰の様子の写真9分団記念撮影の写真

4位 第9分団

5分団表彰の様子の写真5分団操法時の様子の写真

5位 第5分団

このページに関するお問い合わせ

総務部 総合防災安全課
電話番号:042-481-7346~8
ファクス番号:042-481-7255

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。