景観法に基づく届出制度

2015年3月20日 更新

一定規模以上の建築物の新築等の行為を行う場合に、「調布市景観計画」による届出を行っていただきます。 

景観計画区域

調布市全域を景観計画区域とし、さらに、区域内を地域特性に応じて以下の地域・地区に区分しています。

景観形成重点地区

深大寺通り周辺景観形成重点地区
国分寺崖線景観形成重点地区

景観形成推進地区

「水」の景観形成推進地区
「道」の景観形成推進地区
「駅」の景観形成推進地区
「農」の景観形成推進地区

一般地域

 

景観形成重点地区と推進地区の区分図

(注)地域・地区の範囲図は、必ず都市計画課の窓口でご確認下さい。

届出を必要とする行為と届出対象規模

届出対象行為

建築物の新築等
工作物の新設等
開発行為
土石の堆積等
(注)調布市景観計画での工作物とは、建築基準法施行令第138条などに規定されるものです。詳細については、調布市景観計画に定めています。

届出対象規模

深大寺通り周辺景観形成重点地区
建築物の新築等:全ての行為
工作物の新設等:全ての行為
開発行為:開発区域の面積≧500平方メートル
土石の堆積等:造成面積≧500平方メートル

国分寺崖線景観形成重点地区
建築物の新築等:高さ≧10メートル又は延べ面積≧500平方メートル
工作物の新設等:高さ≧10メートル又は築造面積≧1000平方メートル
(擁壁は全てのもの、墓園等は区域面積≧500平方メートル)
開発行為:開発区域の面積≧500平方メートル
土石の堆積等:造成面積≧500平方メートル
  
景観形成推進地区(一般地域も同じ)
建築物の新築等:高さ≧20メートル又は延べ面積≧3000平方メートル
工作物の新設等:高さ≧20メートル又は築造面積≧3000平方メートル(擁壁は全てのもの)
開発行為:開発区域の面積≧3000平方メートル

開発事業に係る事前協議

次の規模以上の建築物の新築、増築、改築若しくは移転及び都市計画法第4条第12項に規定する開発行為を行う場合、届出の前に事前協議が必要です。
(1)開発区域の面積 500平方メートル以上
(2)次のいずれかに該当する建築物
ア 高さ 10メートルを超える建築物(一戸建ての住宅を除く)
イ 階数 地上4階建て以上の建築物
ウ 延べ面積 1,500平方メートル以上の建築物

 

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 都市計画課 景観係
電話番号:042-481-7746
ファクス番号:042-481-6800

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。