子ども科学教室「宇宙への道 太陽系の宇宙」(全4回)

2017年11月20日 登録

今回のテーマは「宇宙への道 太陽系の宇宙」

月や太陽はどのくらいの大きさで、どのくらい遠くにあるのかな。模型をつかって想像してみましょう。講師は平林浩先生。仮説実験授業のベテラン講師です。

日時と内容

  1. 12月16日(土曜日)午前10時から正午
    「地球のかたちと大きさ」
    1千万分の1の地球ってどのくらいかな。地球を包むものってなんだろう。
  2. 平成30年1月13日(土曜日)午前10時から正午
    「地球から月へ 月と太陽」
    月と太陽の大きさを地球とくらべてみよう。月と太陽までもし歩いて行ったら。
  3. 2月3日(土曜日)午前10時から正午
    「太陽のまわりを回る星たち」
    どんな星が回っているのだろう。星たちの姿や大きさは?
  4. 3月10日(土曜日)午前10時から正午
    「太陽のまわりと回る星の模型づくり」
    30億分の1の模型を作ってみよう。

昨年の子ども科学教室の様子の写真

講師

平林 浩氏(仮説実験授業講師、著書に「平林さん、自然を観る」など。)

定員

申込み順26人

対象

小学2年生から6年生(保護者の見学もできます。)

参加費

1,100円(材料費、初回に持参してください。)

持ち物

筆記用具、飲み物

申し込み

11月21日(火曜日)午前11時から、電話または直接西部公民館へ。

電話 042-484-2531

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 西部公民館
電話番号:042-484-2531
ファクス番号:042-484-3704

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。