学校支援の取組

2017年10月2日 更新

調布市教育委員会が取り組んでいる「学校支援」を紹介します

学力向上に向けた取組

個に応じた教育の充実に向けた取組

  • 特別支援教室の設置
    特別支援学級においては、「一人一人の子どもの、それぞれのニーズに対応する教育」を実施しています。
    通常の学級で「学びにくさ」や「コミュニケーションの苦手さ」などにより、困っている状況がある児童を対象に、自立活動を通して、学習上・生活上の困難を改善・克服することを目的とした指導を行います。
    平成27年度から市立小学校に拠点校4校を起点に市立小学校全校(28校)で実施しています
    平成30年度から市立小学校の拠点校を8校に増設し、更なる充実を図ります
    平成30年度から市立中学校に拠点校3校を設置します
    「すべての学校、すべての学級で実践する調布市の特別支援教育」リーフレット(1,792KB)(PDF文書)
  • 特別支援学級への学級介助員の配置
    調布市立小・中学校の特別支援学級で実施しています 
  • スクールサポーターの学校配置 
    調布市立小・中学校全校(28校)で実施しています 
  • 就学支援シート(新入学事前相談)
    入学前の保護者と入学する学校が対象です

相談体制

不登校対策

地域の人材を活用した学校支援

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 指導室
電話番号:042-481-7480~7482
ファクス番号:042-481-6466

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。