SWITH(スイッチ)プロジェクト

2014年4月21日 登録

 不登校対策の一環として、東京学芸大学と連携して行っている事業です。
(平成17年度から実施)

メンタルフレンドの派遣事業

鉛筆のイラスト

メンタルフレンド(教職・学校心理を専攻する学生を活用)は、家庭や学校を訪問し、登校できない児童・生徒をサポートしています。
活動内容は、基本的には、本人・保護者・教員との相談等によって決めています。児童・生徒の学習の補習、話し相手、一緒に運動を楽しむどの活動を行っています。

児童・生徒支援個別支援票

不登校傾向にある児童・生徒の早期把握、教職員間の情報共有を図り、効果的な支援計画を立てることを目的としています。学校が児童・生徒の記録を作成し、東京学芸大学が助言するものです。

テラコヤスイッチ

えんぴつのイラスト

不登校生徒(中学生)等を対象に、学習するきっかけづくりや、小集団で共に楽しく過ごすことを目的とした活動を行っています。(週に1度、2時間)
学生スタッフが、小集団でのかかわりや個別指導にあったています。支援を受けた生徒たちは、テラコヤでの経験や勉強したことが自信へとつながり、進学や自分の決めた進路に進んでいってます。

テラコヤスイッチや不登校等のご相談は

教育支援コーディネーター室
電話 042-481-7718 (開設時間は、平日の午前9時から午後5時まで)
教育支援コーディネータ室のご案内チラシは、ダウンロードのファイルをご覧ください。

調布市教育委員会が行っている「学校支援の取組」のページはこちらをご覧ください。 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 指導室
電話番号:042-481-7480~7482
ファクス番号:042-481-6466

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。