調布市食育ガイド(災害時編)

2014年5月22日 更新

食育ガイド(災害時編)作成

東日本大震災から3年が経過し、防災の意識が薄まってきていませんか。

市民の皆さんが、ご自身やご家族の状況に合わせて食材や生活用品を備蓄し、日頃から災害に備えられるよう、調布市食育ガイド(災害時編)を作成しました。

大規模な災害が発生した際、 ガスや水道が使えずに調理ができない、買い物もできない期間が1週間ほど続く可能性があります。

災害時でもふだんと同じように食べることができる準備をしておくと、体力の維持だけでなく、ストレスの軽減にも効果がありますので、いざという時、ご自身・ご家族の健康を守るため、飲料水や食料品などを最低3日分、 できれば1週間分を買い置きするよう心がけましょう。

食育ガイド(災害時編)では、缶詰やレトルト食品などふだん利用している食品を少し多めに保存することや歯ブラシなどの衛生用品を備えることの大切さを知っていただくため、食料品・道具・ライフステージに合わせた備えについて掲載しています。

ぜひご活用ください。

食育ガイド配布場所

市役所本庁舎2階 総合案内
健康推進課(文化会館たづくり西館保健センター4階)
(注)公文書資料室(市役所4階)、図書館などで閲覧可能です。 

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 健康推進課
電話番号:042-441-6100
ファクス番号:042-441-6101

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。