市内で被害多発 詐欺的な電話勧誘に注意

2015年4月1日 更新

詐欺的な電話勧誘の被害が多発

ここ数日で、ご高齢の方を狙った電話による詐欺が増えています。
本人だけでなく、一人暮らしの高齢者を家族に持つ方は特にご注意ください。 

詐欺的な投資勧誘(利殖商法)

  • 証券会社を名乗る者から電話がくる(見知らぬ個人の場合もある)
  • 「利益がでる」「必ずもうかる」等の誘い文句
  • 「未公開株を代理で購入した」とかたり、金銭を支払うよう誘導する
  • 「未公開株」のほかに「社債」「商品相場」「外国の通貨」「事業への投資話」などさまざまな利殖関係の勧誘をする

還付金等詐欺

  • 社会保険庁、市役所職員などと名乗る
  • 「医療費の還付」や、「支払った保険料を返金する」と言ってくる
  • 近くのコンビニや銀行、スーパー等の無人のATMに行き操作を促す

中には氏名や住所、電話番号などを相手に知られていることもありますので、簡単に相手を信用しないよう注意しましょう。これらに心当たりがある方、少しでも不審に感じましたら下記までご相談ください。

そのほか、独立行政法人国民生活センターでは随時、注意喚起をおこなっておりますのでご参照ください。

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化振興課
電話番号:042-481-7139・7140
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。