青色防犯パトロール活動(ふじみ地区自治会等連合会)

2014年9月5日 更新

青色防犯パトロール活動(ふじみ地区自治会等連合会)

市では、安全・安心なまちづくりの実現に向けて、地域における自主防犯パトロール活動を推進しています。昨年から調布市内で初めて青色回転灯を貸与して実施する自主防犯パトロール(通称 青パト)が開始されました。今回は深大寺東町を中心に青パト活動を行っているふじみ地区自治会等連合会の取組みの声を紹介させていただきます。

青パト活動を通じて

  • ふじみ地区自治会等連合会 安全部会担当 

地元を安全で安心して住める地域にするためにと始めた、自主防犯ボランティア活動(民間青パト)も半年が過ぎました。巡回地域は当会所属自治会周辺(深大寺東町)を中心にしながらも、北部地域を意識して深大寺北町、深大寺南町、深大寺元町の一部を含めた活動へと広めてきました。この期間の実績として、活動回数58回(延べ60時間、約700km)、その間に発見した街灯切れ箇所は17です。

また、子どもたちの見守り活動として北ノ台小学校の児童下校時に、声掛けをするようにしていますが、顔を覚えてもらったのかちょっと遠慮気味に挨拶をしてもらうこともあり、うれしい瞬間です。「地域のパトロールおじさん」として早く顔を覚えてもらい、その活動が徐々に地域の皆さんに浸透できればと思っています。

平成26年2月の大雪後に行われた北ノ台フェスタ(深代寺地域福祉センター)では、交通整理を兼ねて自転車整理と雪かきの手伝いに入りました。同年7月には緑ヶ丘保育園の依頼を受け周辺の夜間パトロールを市の青パトと合同で実施し、お泊り保育の園児たちから大きく手を振って貰うなどし、心温まるシーンもありました。街灯確認をしている間に市境を越えて三鷹市大沢地区の街灯切れを発見し、三鷹市に報告した際に感謝される事もありました。

自主防犯パトロール活動を通じてこれまで見過ごしていたことの重要性に改めて気が付きました。まだ各所で暗い夜道がある事、交通安全上危険な箇所などを散見するたびに、誰かがやってくれるだろう、ではなく地域の声として伝えていく、このような行政との情報共有など小さな積み重ねが安全・安心には重要であることを仲間といろいろな会話をしながら活動を続けています。

北部地域には「ごみ焼却場クリーンプラザふじみ」があり、当会は環境も含め、これからの世代に受け継ぐ未来へ残す財産として、安全で安心な地域づくりを目指す活動を通じた街づくりを重要な柱として掲げており、その一役を担うのが「青パト活動」と考えています。

  • 追伸
    活動を通じて地域の新たなコミュニティも生まれ、生き生きした顔が増えたことも大きな収穫です。

このページに関するお問い合わせ

総務部 総合防災安全課
電話番号:042-481-7346~8
ファクス番号:042-481-7255

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。