(受付終了)東部市民講座6「庚申塔の向こうに見える昔景色 学芸員と学び、歩く」(全2回)

2017年12月21日 更新

(注)受付終了しました

東部公民館の周辺には、庚申塔がひっそりと道端に佇むように点在しています。今回は金子地域を中心に、1回目は講義で学び、2回目は庶民信仰のなごりを探しながら歩きます。

日程・内容

  1. 1月17日(水曜日) 午前10時から正午まで
  • 講義
    「庚申塔と庶民信仰について」
  • 会場
    東部公民館 学習室
  1. 1月24日(水曜日) 午前10時から正午まで
    (注)荒天時は1月31日(水曜日)に順延
  • 見学
    「庚申塔めぐり 今も変わらぬ金子村の風景をさがそう」
  • 集合
    京王線つつじヶ丘駅改札前
  • 行程
    つつじヶ丘駅から金子稲荷神社、常楽院、金龍寺、厳島神社、妙円地蔵で解散

講師

郷土博物館学芸員

対象

4キロメートル程度のまち歩きができる方

定員

申込み順20人(講義のみの受付は30人まで)

費用

無料

申し込み(受付終了)

定員に達したため受付を終了しました。

その他

  • 京王線仙川駅下車8分
  • 月曜日休館
  • 駐車場はありません。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 東部公民館
電話番号:03-3309-4505
ファクス番号:03-3305-3456

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。