納税証明書と課税(非課税)証明書の違い

2015年7月10日 更新

納税証明書は、課税(非課税)証明書とは異なります

「納税証明書」に記載されている事項

課税された税金及び、既に納めた額の証明は納税課に申請してください。

使用目的(一例)

  • 軽自動車の車検
  • ビザ更新 など

「課税証明書」または「非課税証明書」に記載されている事項

収入・所得額及び、課税された税金の額の証明は市民税課に申請してください。

使用目的(一例)

  • 都営・市営住宅申請
  • 児童手当申請(学校、保育園関連)
  • 年金・扶養申請
  • シルバーパス取得申請 など

(注)使用目的(一例)に記載のある各制度の内容については、各申請先へお問い合わせください。

また、上記の納税証明書(軽自動車の車検用は除く)、課税証明書、非課税証明書の発行には、1件200円の手数料がかかります。
証明内容、申請に必要な書類を確認の上、ご請求下さい。  

このページに関するお問い合わせ

市民部 納税課
電話番号:042-481-7214~20
ファクス番号:042-489-6412

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。