小児慢性疾患特定疾患医療助成

2017年8月1日 更新

この制度は、国が行う小児慢性特定疾患治療研究に基づき、定められた対象疾患の治療方法等の情報を今後の治療研究に生かすとともに、その治療に罹った費用(保険適用分)の一部を、公費によって助成するものです。

参考東京都福祉保健局ホームページ(外部リンク)

制度改正について

平成27年1月1日より児童福祉法の一部改正がありました。小児慢性疾患は新たに107疾病を助成の対象とし、704疾病に拡大されました。
以下が主な変更点です。

変更点一覧
項目 現行制度 新制度
対象疾患 11疾患群514疾患 14疾患群704疾病
医療費負担割合 3割(就学前児童は2割) 一律2割
食事療養費 自己負担なし 自己負担あり
自己負担限度額 生計中心者の所得税に応じて算定した額
(注)外来・入院の区別あり
医療保険単位の世帯の市町村民税に応じて算定した額
(注)外来・入院の区別なし
医療を受ける医療機関 契約医療機関 指定医療機関
医療意見書を作成する医師 特に定めなし 指定医

対象

次の2つの要件を両方満たす方

  1. 都内在住(住民登録や外国人登録がされていること。)の満18歳未満の方。ただし、18歳未満で認定を受け、引き続き有効な医療券を交付されている方に限り満20歳未満まで延長可能です。
    (注)18歳以上の都外からの転入者の場合、他自治体の医療券を有していても、医療券の有効期間が切れると医療費助成が受けられませんので、転入後、速やかに申請してください。
  2. 小児慢性疾患医療費助成事業の対象疾患にかかっており、かつ、別に定める認定基準を満たす方

対象疾患

  • 悪性新生物
  • 慢性腎疾患群
  • 慢性呼吸器疾患群
  • 慢性心疾患群
  • 内分泌疾患群
  • 膠原病
  • 糖尿病
  • 先天性代謝異常
  • 血液疾患群
  • 免疫疾患群
  • 神経・筋疾患群
  • 慢性消化器疾患群
  • 先天異常症候群
  • 皮膚疾患群

国において、現段階で確定していませんが、次のリンクの通りとなる予定です。

小児慢性特定疾患情報センターホームページ(外部リンク)

内容

各種医療保険適用後の自己負担額の一部を助成します。
認定された方には、認定病名等が記載された医療券を交付いたします。認定された病名以外は、この医療券を使えませんので御注意ください。

有効期間

受給者証の有効期間は、新規申請の場合、原則として保健福祉事務所が申請を受け付けた日から1年以内とします。
受給者証の有効期間満了後も継続して受給を希望する方は、更新の手続きが必要です。更新の手続きが遅れた場合には、新規申請扱いとなることがあります。

手続き方法

小児慢性特定疾病指定医を受診し、診断書の交付を受けます。
診断書と必要書類を合わせて、保護者が健康推進課に医療費助成の申請をすると、都で審査を行います。

主な必要書類
申請書兼同意書、小児慢性特定疾病医療意見書、受診医療機関申請書、世帯調書、同意書、医療保険証の写し、住民票 など

認定された場合、医療受給者証が保護者に送付されます。
送付後は医療受給者症を持参し、指定医療機関を受診てください。
(注)認定されなかった場合は、その旨を通知する文書が送付されます。

問い合わせ先

福祉健康部健康推進課
電話 042-441-6100
ファクス 042-441-6101

その他

申請前は東京都の担当課へ相談ができます。
少子社会対策部 家庭支援課
電話 03-5320-4375

関連サイト

小児慢性特定疾病対策の概要(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)
小児慢性特定疾病医療費助成制度の概要(東京都福祉保健局ホームページ)(外部リンク)
小児慢性特定疾患情報センターホームページ(外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 健康推進課
電話番号:042-441-6100
ファクス番号:042-441-6101

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。