調布市における工事等の入札方法 

2015年4月1日 登録

調布市における工事請負、設計等委託についての基本的な入札方法をお知らせします。

設計金額500万円未満

指名競争入札又は競争見積合わせにより実施します。

設計金額500万円以上

制限付き一般競争入札により実施します。

対象者の範囲

発注案件の業種及び設計金額に応じて、地域区分と経営事項審査の総合評定値の範囲を設定します。
詳細は下記リンクを御参照ください。

制限付き一般競争入札の流れ

入札公告

公告は、原則として毎週月曜日又は木曜日に、調布市ホームページに掲載します。

参加申請

事前に入札参加資格をよく確認のうえ、電子入札サービス(下記外部リンク参照)から希望申請を行ってください。
申請時は、原則として添付資料は不要です。
ここで記載した配置予定技術者は、変更可能とします。

設計図書

公告の日以後、市ホームページからダウンロードできます。

資格確認通知

システムの都合上発行しますが、正式な通知ではありません。入札参加資格審査は、開札後に行います。

質問回答

質問は、事前に電話連絡のうえ、指定の質問書(下記関連リンク参照)により電子メールで契約課に提出してください。回答は、市ホームページ(当該案件掲載ページ内)に掲載します。

入札書提出

工事案件では、入札書に積算内訳書(下記関連リンク参照)の添付が必要です。添付がない入札や記載に不備がある入札は無効とします。

開札

最低価格入札者を落札予定者とします。開札(落札者決定)は一旦保留し、保留通知書を発行します 。

資格審査

落札予定者には、制限付き一般競争入札参加資格審査申請書(下記関連リンク参照)と添付書類を、契約課あてファクスで御提出頂きます。

落札決定

落札予定者の入札参加資格を確認したときは、落札者として決定し、落札決定通知書を発行します。資格がないと認めたときは、当該落札予定者のした入札を無効として、次に価格の低い入札者に対して資格審査を行います。
落札者には、御提出頂いた制限付き一般競争入札参加資格審査申請書の原本を御持参のうえ、契約課にお越し頂きます。契約書類をお渡ししますので、契約書の作成をお願いします。

制限付き一般競争についての注意点

  1. 個別に案件公表のお知らせはいたしません。入札に参加を希望する方は、市ホームページにて入札公告を御確認のうえ、御申込ください。
  2. 資格審査は、次のとおり行います。
    ア 配置予定技術者の資格、専任などの確認は、開札日時点の状況で行います。
    イ 現場代理人も配置技術者と同様、開札日以前に3ヶ月以上の雇用関係を求めます。
    ウ 技術者の専任を要する工事の配置予定技術者が、営業所の専任技術者でないことを確認します。
    エ 入札書に添付する積算内訳書は、工種(科目)のレベルまで作成していただきます。
  3. 完成実績を求める場合は、過去7年間の実績を有効とします。

このページに関するお問い合わせ

総務部 契約課
電話番号:042-481-7166~8
ファクス番号:042-481-7136

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。