FC東京の選手が小学校を訪問

2017年6月6日 登録

平成29年6月5日(月曜日)に、FC東京の選手たちが市内の小学校2校を訪問し、子どもたちとふれあいました。平成20年から毎年、FC東京選手会からの提案により行われているこの事業は、ホームタウンの地域にある小学校の子どもたちとふれあうことで、プロスポーツ選手として夢や感動を与えたいという想いから実施されており、今年度で10回目を迎えます。

調布市には髙萩洋次郎選手・大久保嘉人選手・ユ インス選手・小川諒也選手が訪れました。

市立石原小学校・北ノ台小学校

午前中は石原小学校を訪問しました。6年生が校庭でハイタッチで出迎えた後、まずは子どもたちの歓迎の出し物を披露しました。
その後、選手とチームを組みミニサッカーを行いました。すべての選手と一緒にプレーすることができ、子どもたちはとても楽しんでいました。また、子どもからの「くじけそうになった時はどうやって立ち直りますか?」「休日の過ごし方は?」などの質問に答えていただいたり、実際にヘディングや校庭を飛びだす勢いの遠蹴などプロの技を間近で見ることができました。授業の後は教室にで給食を一緒に食べました。給食中も子どもからのたくさんの質問に答えながら楽しい時間を過ごしました。

パフォーマンスを披露する子どもたちの写真選手と子どもたちが試合をする様子の写真

黒板に描かれた似顔絵をほめる高萩選手の写真選手と一緒に給食を食べる子どもたちの写真

午後は北ノ台小学校を訪問しました。
校門には選手を一目見ようとたくさんの子どもたちが集まり、選手の応援歌を歌って歓迎しました。
5時間目に6年生が選手と一緒にチームをつくりゲームを楽しみました。
髙萩選手からは「一生懸命好きなことに熱中して夢に近づけるよう頑張ってください」
小川選手からは「サッカーでは周りの人に負けたくないという気持ちで頑張っていた。負けず嫌いになって」とメッセージをもらいました。
最後は子ども一人一人と選手たちが元気良くハイタッチをして学校を後にしました。

子どもたちの質問を受ける選手の写真リフティングを披露する選手の写真

小川選手と円陣を組む子どもたちの写真選手とサッカーをする子どもの写真

子どもたちは、憧れの選手たちと触れ合い、とても楽しい体験ができました。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 指導室
電話番号:042-481-7480~7482
ファクス番号:042-481-6466

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。