調布市教育委員会の概要

2017年8月30日 更新

教育委員会とは

教育委員会は、地方自治法及び地方教育行政の組織及び運営に関する法律に基づき、市長から独立して教育に関する事務を処理する、合議制の行政委員会です。
教育についての基本方針や施策は教育委員会で決定し、学校教育、社会教育、公民館及び図書館事業、文化財保護を含めた郷土博物館事業など、幅広い分野を所管しています。
また、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正により、調布市においても平成27年10月1日から、教育委員長と教育長を一本化した新「教育長」の設置、教育委員による教育長へのチェック機能の強化などの改革が行われました。

調布市教育委員会の教育目標及び基本方針

調布市教育委員会では、教育基本法の精神を基盤とした教育目標を定めるとともに、その実現に向けた5つの基本方針を掲げています。

調布市教育プラン

調布市教育委員会では、国・都の教育振興基本計画策定の動向を踏まえ、調布市基本構想・基本計画と整合を図るなど、調布市の実情に即した市の教育振興基本計画として「調布市教育プラン」を平成22年3月に策定しました。
また、その後の国・都の計画修正を参酌するとともに、調布市基本計画との整合を図り、新たな社会経済情勢や調布市特有の状況など直面する多様な課題に対応するため、平成27年3月に「調布市教育プラン」の改定を行いました。

教育委員会の構成

調布市教育委員会は、教育長と5人の委員で構成されています。市長が市議会の同意を得て任命し、教育長の任期は3年、教育委員の任期は4年です。

教育長

教育長は、教育委員会の会務を総理(教育委員会の会議の主宰、具体的な事務執行の責任を負う、教育委員会事務局の指揮監督)し、教育委員会を代表します。

教育長職務代理者

教育長職務代理者は、あらかじめ教育長が教育委員のなかから指名し、教育長に事故があるとき、又は教育長が欠けたときに、その職務を代わりに務めます。

教育委員

教育委員は、教育長に対するチェック機能を果たすため、会議の招集や教育長が委任された事務の管理・執行状況の報告を求めることができます。

事務局

教育長の指揮監督の下に、事務の処理を行う組織として調布市教育委員会事務局(教育部)が置かれています。

調布市教育委員会の会議

調布市教育委員会では、定例会を原則として月1回開催しています。また、必要に応じて臨時会も開催します。

会議の傍聴

調布市教育委員会定例会は、原則として毎月第4金曜日に教育会館3階研修室で開催します。(日程は変更される場合があります。また、市議会提出案件や人事案件等の場合は、会議が非公開となる場合があります。)
傍聴をご希望のかたは、当日、開催の時間までに教育会館3階にお越しください。
なお、会議の開催予定は、リンクを御参照ください。

過去に開催した会議の会議録

過去に開催した会議の会議録は、リンクを御参照ください。(非公開となった案件は掲載しておりません。)

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 教育総務課
電話番号:042-481-7465
ファクス番号:042-481-6466

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。