(7月27日発表)東京都調布飛行場周辺地域における墜落事故についての市議会議長コメント

2015年7月27日 登録

平成27年7月26日、調布飛行場を離陸した小型飛行機が、富士見町1丁目の住宅街に墜落し、巻き込まれた市民が死傷するという、決してあってはならない大変痛ましい事故が発生しました。事故でお亡くなりになられた方のご冥福と負傷された方の1日も早い回復を心よりお祈り申し上げます。
市は、これまで交通不便地域である離島航空便の確保のために、調布飛行場存続を受け入れてきましたが、今回は自家用機の飛行による事故により、市民の生命が奪われるという大変重大なものであり、極めて遺憾であり、到底看過することはできません。
調布市議会として、管理者である東京都に対し、厳重に抗議するとともに、早期の事故原因の究明、徹底的な再発防止策と地域住民の安全安心な生活環境の確保、被害に遭われた方の支援に万全を期すこと、適切な対策が行われるまでの自家用機の離着陸禁止について、強く求めてまいります。

調布市議会議長 鮎川有祐

このページに関するお問い合わせ

議会事務局
電話番号:042-481-7291・7292
ファクス番号:042-481-5119

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。