第6回深大寺こども薪能が行われる

2015年8月31日 登録

夏休みに日本の伝統芸能「能」を体験

8月30日、深大寺(外部リンク)本堂でこども薪能が行われました。

  深大寺こども薪能出演者の皆さんの写真 仕舞の写真1

「能」は、室町時代の将軍足利義満が特別に愛したお芝居です。
当時の美しい言葉を歌にした「謡(うたい)」に、華麗で優雅な「舞」を合わせ、幻想的な物語を演じる能は、今も人々に愛されています。

 観世流能楽師 山中迓晶氏の写真 火入れ式の写真

深大寺こども薪能は、深大寺こども薪能実行委員会(張堂完俊深大寺住職委員長)が観世流能楽師の山中迓晶氏を講師に招き、平成22年から始まり今年で6回目を迎えました。   

 仕舞の写真2 仕舞の写真3

当日は、夏休みの期間、稽古を重ねてきた4歳から12歳まで子どもたち18人が謡や舞を披露しました。

 子どもたちから張堂委員長と中山講師にお礼の花束を贈呈している写真 修了証を手に記念撮影写真

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。