市内公共施設における旭化成建材株式会社の関与に関する調査結果

2015年11月27日 登録

転用が発生しない工法

横浜市の大型マンションが傾いた問題で、東京都が公表した旭化成建材株式会社が過去10年間に杭を施工した市区所有の施設32件に、調布市の施設は含まれておりませんでした。
この問題が明らかになって以降、市では、独自に平成17年から平成27年10月末までの過去10年間に、市が発注した公共施設の工事における杭工事について調査したところ、旭化成建材株式会社の製品である鋼管杭を採用した杭工事の実施を1件確認しました。
この杭工事の工法は、横浜市のマンションにおけるデータ転用で問題となっている既製コンクリート杭を用い地中下部をセメントで補強する工法とは異なり、地中部での補強を必要としない既製鋼管杭を打込むだけの工法で、セメント注入量のデータ転用が発生しない工法でありました。

なお、当該施設について市職員が現地点検を行い、建物にひび割れや傾斜等の問題がないことを確認しました。

このページに関するお問い合わせ

総務部 営繕課
電話番号:042-481-7424・7426・7428~31
ファクス番号:042-481-6454

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。