(事業者様へ)食品表示法の改正による表示の義務化

2015年12月18日 登録

平成27年4月1日に食品表示法が施行されました

平成27年4月1日に食品表示法が施行され、食品衛生法、JAS法、健康増進法の3つに分かれていた食品の表示に関する規定が統合されました。事業者の皆様におかれましては、新しい表示へのご対応をお願いします。

新しい食品表示制度の主な変更点

  • アレルギー表示に係るルールの改善
  • 栄養成分表示の義務化
  • 新たな機能性表示制度の創設
  • 表示レイアウトの改善

それぞれの詳しい内容等につきましては、次のリンクをご参照願います。

消費者庁ホームページ(外部へリンク)

経過措置について

新ルールに基づく表示への移行のための猶予期間として、次の表のとおり経過措置期間が定められています。以下の猶予期限までに、新基準の表示へのご対応をお願いします。

各食品の経過措置期間及び猶予期限
食品の種類 経過措置期間 猶予期限
加工食品及び添加物 5年 平成32年3月31日
生鮮食品 1年6か月 平成28年9月30日

 

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化振興課
電話番号:042-481-7139・7140
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。