深大寺で消防演習訓練が実施される

2016年1月27日 登録

1月26日の文化財防火デーに、深大寺で消防演習訓練が実施されました

昭和24年1月26日に発生した奈良県法隆寺の火災などによって、「先人たちが残した文化財を火災から守ろう」という世論が高まり、昭和25年に文化財保護法が制定され、昭和30年に毎年1月26日を「文化財防火デー」と定めました。
今年で62回目を迎えたこの日も、全国各地で、文化財の防火設備の点検・整備や消防演習などを実施して、文化財を火災から守る運動が展開されました。

東京消防庁は、この「文化財防火デー」を中心に放火火災の予防や自衛消防訓練の実施などを呼び掛けています。多くの重要文化財が安置されている深大寺でも、1月26日に、調布消防署、調布市消防団(第9・14・15分団)、深大寺自衛消防隊および防火女性の会による消防演習が行われました。
深大寺本堂の写真消防演習訓練の見学で待機する深大寺小学校3年生の子どもたちの写真

午前10時、地震の際に身を守る行動を取るための一斉防災訓練である「シェイクアウト訓練」で消防演習訓練が始まりました。その後、本堂で火災を発見したという想定で、深大寺院内自衛消防隊と深大寺自衛消防隊(深大寺そば組合)による初期消火が実施されました。
防火女性の会メンバーが、その場でしゃがみ込むシェイクアウト訓練の様子の写真深大寺院内自衛消防隊とそば組合による初期消火訓練の写真

その後、深大寺院内自衛消防隊の「本堂からの避難誘導にあたれ」という指示のもとに避難誘導が行われ、同時に、本堂内の非常持ち出し品や重要文化財(訓練ではレプリカ)が搬送されました。
深大寺本堂が避難する様子の写真本堂から重要文化財を持ち出す深大寺僧侶の写真

続いて、自衛消防隊の放水の後、調布消防署や分団の消防隊が到着し、本堂に向かっての一斉放水が実施されました。
自衛消防隊による消火訓練の様子の写真消防隊による一斉放水訓練の写真

消防演習訓練終了後、調布消防署川田署長から「初期消火や避難誘導など迅速に実施され、心強く感じた。文化財の火災の原因はほとんどが放火によるもの。文化財を守るためには、関係者の方々のご協力による、放火させない環境作りも必要。」との講評がありました。
また、深大寺の張堂住職は「深大寺には限りなく国宝に近い重要文化財が安置されている。この寺は17年後に開創1300年を迎える。この寺・地域の防火防災にご協力をいただきたい。」と話されました。
演習後の調布消防署川田署長の講評の写真深大寺張堂住職の講評の写真

さらに、この日参加された防火女性の会会長の小林美紀さんは、「市内には、調布・国領・つつじヶ丘・深大寺と、4つの防火女性の会があり、今回は深大寺地区のメンバーを中心に参加した。普段は、各支部ごとに防災訓練などを行っており、防火・防災を学びながら日々活動している。」と話されました。
このように、市の防火・防災活動には、調布消防署をはじめ、調布市消防団や地域の人々の多大なるご協力をいただいています。
これからも空気が乾燥する時期が続きますので、皆さん、火の取扱いなどには十分にご注意ください。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。