府中調布三鷹ラグビーフェスティバル2016を開催しました

2016年6月6日 登録

ラグビーフェスタ参加者の集合写真 

平成28年5月28日(土曜日)に、味の素スタジアム西競技場で「府中調布三鷹ラグビーフェスティバル2016」を開催しました。

このイベントは、ラグビーワールドカップ2019及び2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて新たなラグビーファン層の開拓と市民の機運醸成を図るため、調布市、府中市、三鷹市の3市で連携して実施しました。

小学生を対象としたタグラグビー教室や、東芝ブレイブルーパスとサントリーサンゴリアスの府中ダービーマッチ及びOB戦を行い、併設のブース出展、パネル展示、ラグビー体験エリアを含め、多くの市民のみなさまにご来場いただきました。

タグラグビー教室

3市の小学校4・5年生を対象に、府中市ラグビーフットボール協会の協力のもと、タグラグビー教室を実施しました。当日は、調布市からの23人を含め、3市で61人のこどもたちが参加しました。

タグラグビー教室 試合の様子の写真タグラグビー教室 1対1の攻防の様子の写真

府中ダービーマッチ・OB戦

東芝ブレイブルーパスとサントリーサンゴリアスの現役選手による府中ダービーマッチ及びOB戦を実施しました。正午からのOB戦、午後2時からの府中ダービーマッチを観戦に、約3,000人の観客(延べ人数)が集まりました。通常のスタジアムよりもピッチと観客の距離が近く、迫力のあるタックルや華麗なパス回しを目の当たりにし、大きな歓声があがっていました。

試合中のキックオフの様子の写真試合中の1対1の攻防風景の様子の写真

スローインを高い位置でキャッチしている様子の写真試合中のトライの様子の写真

ブース出展・パネル展示・ラグビー体験

ブース出展では、ラグビーワールドカップ2019のPRや各市の観光PRを行いました。

パネル展示では、3市合同で東京2020オリンピック・パラリンピックのPRを行いました。

ラグビー体験では、子どもたちがラグビーを体験できるエリアを展開し、多くの子どもたちがラグビーボールを手に無邪気な声をあげていました。

ラグビー体験の全体の様子の写真ラグビー体験のキャッチボールの写真

パネル展示の様子の写真ブース出展の様子の写真

また、イベントの様子は「動画ライブラリー」でもご覧になれます

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 政策企画課
電話番号:042-481-7368・7369
ファクス番号:042-485-0741

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。