「調布のまちの魅力発見アンケート(外国人版)」実施結果

2016年7月15日 登録

外国人から見た「調布」や「日本」の魅力を教えていただきました

調布市は、2019年のラグビーワールドカップと2020年東京オリンピック・パラリンピックの会場となります。2年連続で世界最大級のスポーツイベントが開催され、海外からも多くの人が市を訪れることが考えられます。

市では、この2年間を市の魅力を国内外に向けてPRするチャンスと考え、イベント開催時はもとより、その後も継続して国内外から多くの人に調布市を訪れてもらうため、外国語にも対応した市のPR映像を作るなど、広く発信していく予定です。

昨年度は、市民を対象に調布の魅力についてアンケート調査(平成28年1月実施。以下、前回調査)を行いました。それに引き続き今回は、外国人から見た調布の魅力などを把握するため、市内在住・在勤・在学の外国人を対象としたアンケート調査を実施しました。

深大寺と豊かな自然が調布の魅力

市内のお気に入りスポットとして深大寺が1位に選ばれました。深大寺は、前回の日本人を対象とした調査でも1位になっており、調布を代表する魅力資源と考えられていることが改めて確認できました。

また、第2位には「多摩川」が続いています。前回調査でも、多摩川、神代植物公園、野川を魅力としてあげる市民が多く、美しい景観や自然といった要素が、広くPRできる調布の魅力であることが分かりました。

このほか、調布駅周辺の買い物や食事の利便性が評価される一方、外国人が調布を訪れる際の今後の課題として、駅周辺や店における外国語での案内の拡充に関する意見が多くありました。

調布のまちの魅力発信アンケート(外国人版)結果(2.46MB)(PDF文書)

回答いただいた皆さん、ご協力ありがとうございました。回答結果は今後の市のPR活動などの参考にさせていただきます。

調査方法

紙媒体(アンケート用紙)・市ホームページ

調査対象

市内在住・在学・在勤の外国人

実施期間

平成28年4月15日(金曜日)から6月8日(水曜日)まで

回答者数

100人

地球のイラスト画像

参考(多摩地域における「まち歩き」のすすめ)

平成27年2月に東京都市長会が発表した政策提言です。

第3章に外国人から見た多摩地域の魅力や課題などの調査結果が掲載されており、「家族や友達を案内したい多摩地域の観光スポット」のひとつとして深大寺があげられています。

多摩地域における「まち歩き」のすすめ(東京都市長会)(外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。