生活支援体制整備事業講演会「活力ある社会は「地域」が主役」が開催される

2016年8月17日 更新

 生活支援体制整備事業講演会「活力ある社会は「地域」が主役」が開催されました

高齢化の進行、地域とのつながりの希薄化、家族・世帯のあり方の変化など、調布市の現状を取り巻く環境は大きく変化しています。

こうしたなか、生活支援や見守りなどの支援を必要とする高齢者が増加することが予想されており、調布市の地域の中でお互いを支えあう力「互助力」を高めていくことが求められています。

調布市では、高齢者が地域で安心して暮らせるように、地域における支えあいの体制づくりの推進に向けた普及啓発活動として、講演会を開催しました。

この講演会は、地域ですでに支えあいの取組を実践されている方から活動発表をしていただくほか、意見交換の機会も設け、地域活動に関心のある方などにご参加いただきました。

講演会チラシ表面の画像

日時

平成28年8月5日(金曜日)午前10時から11時30分まで

場所

調布市市民プラザあくろす(調布市国領町2-5-15)

参加料

無料

定員

100名(先着順)

対象

調布市民の方(どなたでも参加できます)

ファシリテーター

首都大学東京都市教養学部
室田信一准教授(調布市在住)

登壇者

  • 「おいしいカレーの日」四家綾子氏
  • 「ご近所支えあい隊」大塚洋子氏
  • 「ぷくぷく・ポレポレの家」鈴木賀代子氏

申込(終了しました)

添付の「講演会チラシ裏面」の参加申込用紙に、必要事項をご記入のうえ、調布ゆうあい福祉公社へ郵送、Eメールまたはファクスいただくか、お電話にてお申し込みください。

  • 電話 042-481-7711
  • ファクス 042-483-4378
  • Eメール jusan@chofu-yu-ai.or.jp

締切

平成28年8月3日(水曜日)まで 

生活支援整備事業とは

「生活支援コーディネーター」が「協議体」のネットワークを活かし、住民主体の生活支援・介護予防サービスが活性化されるよう、地域全体で高齢者を支える体制づくりを進めるものです。

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 高齢者支援室 高齢福祉担当
電話番号:042-481-7149・7150・7351
ファクス番号:042-481-4288

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。