調布市児童館のあり方検討委員会の概要

2016年7月28日 登録

調布市児童館のあり方検討委員会の概要

目的

児童館についての現状を再検証し、今日の社会情勢や子ども、保護者のニーズに対応した児童館機能や役割、職員の専門性、地域連携の視点や方法などについて検討し、今後の児童館の方針を示すことを目的としています。

委員(平成28年6月29日時点)

  1. 学識経験者(1人)
    鈴木雄司委員(東京福祉大学社会福祉学部教授)
  2. 児童や青少年福祉に係る活動を行う市内民間団体が推薦する者(3人)
    竹中裕子委員、能登和子委員、遠田恵理委員
  3. 市民公募委員(3人)
    村山洋子委員、橋本芽衣子委員、山﨑真奈実委員
  4. 調布市職員(3人)
    山本雅章委員(調布市子ども生活部長)、猪股久美子委員(調布市立つつじケ丘児童館長)、
    大川貴子委員(調布市立富士見児童館長)

開催予定

平成28年6月、8月、10月、12月、平成29年2月の計5回の開催予定

委員会の公開・非公開

 公開

このページに関するお問い合わせ

子ども生活部 児童青少年課
電話番号:042-481-7534・7536
ファクス番号:042-481-7535

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。