市職員の懲戒処分

2016年9月29日 登録

市職員の懲戒処分について(発令年月日 平成28年9月29日)

本日、平成28年9月29日付けで、地方公務員法に基づき、職員の懲戒処分を行いましたので、次のとおり公表します。

事件発生年月

平成28年6月

該当職員

総務部人事課付 副主幹 55歳 男性
(事件当時は福祉健康部高齢者支援室所属)

事件の概要

平成28年6月21日(火曜日)午後6時頃、市内書店において3千円相当の文庫本5冊の窃盗の容疑で警察において取り調べのうえ検察庁に書類送致され、平成28年8月17日付けで不起訴(起訴猶予)となったものです。
市の事情聴取において該当職員が窃盗の事実を認め、警察での取り調べにおいても同様に事実を認めていることを本人から確認したうえで、今回の検察庁の処分内容を踏まえ、処分を決定したものです。

処分の内容

停職 3箇月

処分理由

管理職として部下職員に対し服務を含めて指導を行い、非違行為の防止等に努めるべき立場にありながら、刑事法規に触れる内容。公務員である以前に、社会人としてあってはならない行為であり、調布市の行政執行に対する市民の信頼を低下させる行為であります(地方公務員法第33条の規定による信用失墜行為の禁止違反)。
よって、平成28年9月29日に地方公務員法第29条第1項第3号の規定により、懲戒処分を行ったものであります。

市長コメント

このような公務員としてあるまじき事態が起きたことにつきましては、市民の市政に対する信頼を損なうものであり、重く受け止めております。
法令遵守の徹底および全体の奉仕者として高い廉潔性の保持に向けた職員一人一人の意識改革を行い、再発防止に取り組んで参ります。

このページに関するお問い合わせ

総務部 人事課
電話番号:042-481-7355~9
ファクス番号:042-487-1144

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。