(受付終了)歴史講座「江戸の隠密 徳川幕府の伊賀者と御庭番」(全4回)

2018年9月21日 更新

(注)受付終了しました。

江戸時代、調布市にも伊賀者が暮らしていました

徳川幕府の時代、調布市佐須町(当時は佐須村)は伊賀者の領地の一つであったと言われているのをご存じですか。佐須村の研究はまだ途上にあるようですが、伊賀者のゆかりの地の市民として「隠密」について詳しく学んでみませんか。

前期

日程

第1回 10月12日金曜日「広敷伊賀者と御庭番-隠密御用の実際」
第2回 10月19日金曜日「御庭番の探索報告書」

ともに午前10時から正午まで

講師

深井雅海講師写真

深井雅海さん(徳川林政史研究所副所長)

1948年広島県生まれ。1992年國學院大學博士(歴史学)、國學院大學栃木短期大学、聖心女子大学文学部教授を歴任。現在は公益財団法人徳川黎明会徳川林政史研究所副所長。主要著書に「徳川将軍政治権力の研究」(吉川弘文館1991年)、「江戸城御庭番-徳川将軍の耳と目-」(中央公論社1992年)、「図解江戸城をよむ」(原書房1997年)、「江戸城-本丸御殿と幕府政治-」(中央公論新社2008年)ほか多数。

後期

日程

第1回 11月15日木曜日「服部半蔵と江戸の形成」
第2回 11月22日木曜日「江戸幕府の軍制と伊賀者」

ともに午前10時から正午まで

講師

根岸茂夫講師写真

根岸茂夫さん(國學院大學教授)

1951年東京都生まれ。1978年國學院大學大学院文学研究科単位取得退学、博士(歴史学)。現在は國學院大學文学部教授、國學院大學研究開発推進機構長、埼玉県文化財保護審議会会長、東村山市文化財保護審議会会長ほか兼任。主要編著書に「新編古文書解読字典」共編(柏書房1993年)、「近世武家社会の形成と構造」(吉川弘文館2000年)、「大名行列を解剖する」(吉川弘文館2009年)ほか多数。

共通事項

会場

東部公民館 学習室

定員

申し込み順40人(市民優先)

申し込み(受付終了しました)

申込受付を終了しました。ありがとうございました。

その他

  • 月曜日は休館です。
  • 駐車場はありませんので、公共の交通機関をご利用ください。
  • 最寄り駅は、京王線仙川駅下車徒歩8分です。

 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 東部公民館
電話番号:03-3309-4505
ファクス番号:03-3305-3456
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。