生活ひとくちメモ「オンラインでの旅行申込みのトラブル」

2016年10月5日 登録

事例

インターネットで見つけた旅行予約サイトで、ホテルを朝食付きプランで予約した。実際に宿泊したら朝食がついていなかった。予約サイトに苦情を言うと、当社は契約には関与していないと言われた。契約の相手先は予約サイトでないとわかった。

問題点

インターネット上の旅行予約サイトは、日本の旅行業者が運営するサイト以外に海外事業者が運営するサイトや場貸しサイト、比較サイトと呼ばれるものがあります。消費者にとっては、旅行の申し込みの相手先がわかりにくい場合もあり、トラブルが起きる原因になっています。

OTA(注1)ガイドラインとは

昨年観光庁が「オンライン旅行取引の表示等に関するガイドライン(OTAガイドライン)を策定しました。ガイドラインでは、消費者が必要とする情報をわかりやすく表示することを旅行予約サイトに求めています。旅行予約サイトを選ぶ際のチェックポイントとは以下のとおりです

  1. 旅行業者の基本情報がわかりやすいか
    サイト名だけではなく、事業者名や住所が国内か海外かも確認しましょう。
  2. 問い合わせ窓口の案内が十分か
    電話番号やメールアドレスなどの連絡先や連絡可能時間、対応言語などについて確認しましょう。
  3. 契約条件が確認しやすいか
    契約の相手先が誰か、旅行代金や支払方法、キャンセル条件などがわかりやすく表示されているかどうか確認しましょう。

(注1)OTAはオンライン旅行取引事業者の略

(「生活ひとくちメモ」市報ちょうふ平成28年10月5日号)

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化振興課
電話番号:042-481-7139・7140
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。