東京1964「私たちが見たオリンピック」(市報ちょうふ平成28年10月5日号)

2016年10月25日 登録

調布市赤十字奉仕団のボランティア活動 

 清掃活動の写真

清掃の様子

 昭和39年10月10日の開会式に先立ち、東京都では9月27日から10月3日を「首都美化総点検週間」と定めました。アジアで初めてのこのオリンピックには、史上最多の参加国・参加人員が見込まれ、各国の選手・役員・お客さまのために、都民が力をあわせて東京をきれいにしようと、環境整備を呼び掛けました。

調布市では、市内を通る甲州街道がマラソン競技と50km競歩のコースとなり、調布市赤十字奉仕団のボランティア延べ1000人が、大会の1カ月前から沿道の清掃活動を行いました。団員たちは「選手が走るのに、クギ1本でも落ちていたら大変」と、ほうきとちり取りを持参して、雑草が伸びていた沿道を清掃しましたが、壊れた自転車やリヤカー、冷蔵庫まで出てきました。これらの不法投棄のごみは、市のトラックが回収しました。

競技当日は、当時の市民の1.5倍にあたる15万8200人の観客が、沿道で熱い声援を送りました。

思い出写真と体験談募集

1964年東京オリンピックの思い出写真や体験談を募集しています。詳細は、市のホームページまたは郷土博物館へお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。