リオ五輪卓球男子団体銀メダリスト丹羽孝希選手が市役所を訪問

2016年10月21日 登録

明治大学卓球部の丹羽選手にスポーツ特別表彰

10月20日、リオオリンピック卓球男子団体で銀メダルを獲得した丹羽孝希選手に調布市役所へ来庁いただき、市から「調布市スポーツ特別表彰」を贈りました。

調布市と明治大学は相互友好協力協定を平成16年2月17日に締結しています。その明治大学の卓球部に所属する丹羽選手は、市内富士見町の合宿所で活動していて、そのご縁から卓球部の児玉総監督と高山監督とともに来庁していただきました。
髙山監督、丹羽選手、児玉総監督との事前打合せの写真卓球男子団体で獲得した丹羽選手の銀メダルの写真

丹羽選手は北海道出身で、7歳で卓球を始め、11歳の時には18歳以下日本代表に選出されるなど、全国のトップクラスで活躍されていました。
その後、卓球の名門・青森山田中学校・高校に進学し、2009年の世界卓球選手権・個人戦に日本男子史上最年少で選出されるなど、数々の世界大会で好成績を収め、2012年ロンドンオリンピックに出場。
その翌年の全日本卓球選手権で優勝するなど、日本男子卓球界のエースとなり、今年リオオリンピックに出場されました。
リオオリンピックの個人戦では準々決勝に進出、団体戦では激闘の末、卓球男子初となる銀メダルを獲得されました。
丹羽選手への表彰の様子を上から撮影した写真左から、高田監督、児玉総監督、丹羽選手、長友市長が並んだ写真

このイベントに出席した児玉総監督からは、「たぶん東京オリンピックでは、丹羽が日本のエースとして活躍するんじゃないかと、私は期待しています。」と期待を込めたコメントがありました。
また、高山監督に普段の丹羽選手について聞くと、「口数は少ないんですけど、裏を返すと内に秘めたる強い思いを持って、淡々と自分のペースで努力していくタイプの選手だと思います。また、日頃お世話になった方々へも感謝の気持ちをもてる子だと思っているので、今後は丹羽自身が日本のエースとして、東京五輪に向かっていくんだということを思いながらやってもらいたいと思っています。」と話されました。

最後に丹羽選手は、「今回のオリンピックでは男子初のメダルを獲ることができて、すごく満足しています。東京では、もっともっと卓球が注目されると思うので、必ず代表になって、自分がエースとして出場して、今度は金メダルがとれるように頑張っていこうと思っています。これからもよろしくお願いします。」と、東京オリンピックに向けた決意を語ってくれました。
インタビューを受ける髙山監督、児玉総監督と丹羽選手の写真最後に東京オリンピックに向けて決意を語る丹羽選手の写真

丹羽選手へのインタビュー概要

  • 質問1 表彰式で表彰台にのぼって、銀メダルを首にかけられた時の感想は。
  • 回答1 オリンピックのメダルは小さい頃からの夢で、4年前のロンドンオリンピックでは準々決勝で負けてしまいました。その思いもあったので、実際に勝ったときはすごい嬉しくて感動しました。
  • 質問2 リオデジャネイロでは、選手村のお風呂のお湯が出ないというような報道がありましたが、丹羽選手の宿泊先ではいかがでしたか。
  • 回答2 日本選手は同じ棟に宿泊していたんですけど、僕らの部屋はお湯が出なかったりですとか、急に電気が消えたりとかあったんですけど、それは時間が経てば直りました。選手3人と監督の4人部屋だったんですが、そういう経験はなかなかないので、良い経験をさせてもらったなと思っています。
  • 質問3 リオデジャネイロオリンピックでは、どの試合が印象に残りましたか。
  • 回答3 団体戦準決勝のドイツ戦で、この試合に勝てば決勝進出という状況だったので、今までないほど気合いが入りましたし、実際にメダルが決まった時は今までにない嬉しい気持ちでした。
  • 質問4 調布とゆかりがあるということで、普段よく行く飲食店などありますか。
  • 回答4 調布駅前のパルコの上のレストランをよく使っていますね(笑)。

質問に笑顔で答える丹羽選手の写真来場した子どもたちのサインに応じる丹羽選手の写真

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けたカウントダウンボードを設置

2020年東京オリンピック・パラリンピックでは、調布市でも競技が開催されます。
この日、丹羽選手の表彰と併せて、大会まで「あと何日」かを表示したカウントダウンボードをご来庁の皆さんにお披露目しました。
丹羽選手とともにカウントダウンボードの幕を引いたのは、2020年のパラリンピック東京大会から正式種目となる「車椅子バドミントン」で活躍している、山崎悠麻(ゆま)さんでした。山崎さんは、調布市役所の職員で、今後の活躍が大いに期待されている選手です。
カウントダウンボードの幕を引く、山崎さんと丹羽選手の写真皆さんにお披露目されたカウントダウンボードの写真

カウントダウンボードは、市役所2階総合案内所前に設置してあります。市役所へお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。

明治大学体育会卓球部ホームページへ(外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。