野村洋介選手(水泳クラブGAGANI所属)が調布市を訪問

2016年11月11日 登録

全国障がい者スポーツ大会結果報告のため市長を訪問

先日行われた第16回全国障がい者スポーツ大会希望郷いわて大会の水泳競技に、水泳クラブGAGANI所属の野村洋介選手が出場しました。
GAGANIは知的、発達障がいの方を中心とした水泳クラブで、調布市総合体育館を中心に練習に励んでいます。
今回、野村選手は、出場した種目の25mバタフライで銀メダル、50m自由形では銅メダルを獲得し、堂々たる成績を収めました。
この度、大会結果の報告に、11月10日(木曜日)調布市長を訪問しました。
「練習は厳しいですか」との市長の問いかけに対し、「厳しいです」と間髪入れずに答えたり、「岩手ではわんこそばを100杯食べた」と答えたりするなど、終始和やかな雰囲気で、報告をしてくれました。

野村洋介選手と市長が会話をしている写真野村洋介選手と市長が握手をしている写真
2020年に控える東京オリンピック・パラリンピック競技大会の出場に向け、今後の活躍に期待です。

野村洋介選手と関係者を囲んで市長と副市長集合写真野村洋介選手が獲得した銀メダルと銅メダルの写真

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 スポーツ振興課
電話番号:042-481-7496~8
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。