調布アイデアソン・ハッカソンが開催される

2016年11月14日 登録

誰もが「関わった」と思えるまちをつくろう

11月12日(土曜日)と13日(日曜日)に調布アイデアソン・ハッカソンが行われました。

  • アイデアソン アイデアとマラソンを合せた造語で、テーマを決めてチームごとにアイデアを出し合い、それをまとめていく形式のイベントです。
  • ハッカソン ハックとマラソンを合せた造語で、ある開発テーマの技術に興味のある技術者たちが、ノートパソコンを持参して集まり、みんなで一緒にソフトウェアを開発、改良して楽しみ、最後に開発したアプリケーションやサービスを参加者全員の前でプレゼンするというイベントです。

「調布アイデアソン・ハッカソン」は、今年3月に行われたキックオフイベント「みんなで集まる、始まる、〇〇な調布」を経て、今回、4年後に行われるオリンピック・パラリンピックをテーマに、第1回目を開催しました。

さまざまな方に参加してほしいとの思いから、ソフトウエア開発にはこだわらず、このオリンピック・パラリンピックというイベントを、調布のまちにどのように活かすか自由にアイデアを出し合い、実現できる形を皆で考え、発表するというものでした。

12日(土曜日)は調布市体育協会副会長の金子日出澄氏と市のオリンピック・パラリンピック担当部長のトークセッションやアイデアソンなどが行われ、約50人が参加しました。

ホワイトボードに書かれた審査のポイントの写真画用紙にまとめられたアイデアの写真

13日(日曜日)は4人から6人で構成される3チームが前日から6時間30分にわたって検討したアイデアを発表し表彰が行われました。

プレゼンテーションで模型の説明をするチームの写真質問をする審査員の写真

プレゼンテーションをするチームの写真司会をする地域情報化コンソーシアムの横山さんの写真

今回は、市民のほか、在勤者、電気通信大学の三木教授などの大学関係者が参加し、普段接することの無い人同士が同じチームで2日間にわたって課題やアイデアを語り合うことで親しくなり、さまざまな企画が生まれました。

プレゼンのために作成した模型の写真プレゼンテーションの内容に笑顔になる参加者の写真

参加者は「まちの問題点や課題が見えて、それを改善しようとみんなで考えることができ、充実した時間になった。」と話していました。

最優秀賞を受賞したチームの写真講評する電気通信大学の三木教授の写真

主催者の地域情報化コンソーシアムの横山さんは「オリンピックを契機に、このイベントを始めましたが、今後、学生や主婦など、さらにさまざまな人に参加してもらい、市民のだれもが自分が関わっていると思えるまちにしていきたい。アイデアが一つでも二つでも実現できれば。」と語っていました。

参加者全員の集合写真

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。