深大寺 秋の和めぐりが開催される

2016年11月22日 登録

深大寺 秋の和めぐり

11月19日・20日、1300年以上の歴史を誇る深大寺を舞台に、さまざまな和の催しが行われました。
この時期の深大寺は、七五三や紅葉を楽しむ方などたくさんの人が訪れていました。

紅葉の深大寺の写真人で賑わう深大寺の写真

甲冑・姫君衣装着用体験

体験を申し込んだ方はお子さんから大人の方までそれぞれ戦国武将風の甲冑や姫君の衣装を着て深大寺を散策していました。衣装を着た感想を聞いてみると「思っていたより重いけど、かっこいい。」「普段着ることのできない格好で歩けて楽しい。」と話してくれました。
また、簡易な甲冑を着て武将になりきれる体験もあり、多くの人で大変賑わっていました。

 甲冑を着て刀を抜くポーズの写真甲冑を着ている男の子の写真姫君衣装を着た親子の写真

 甲冑を着てポーズをとっている写真甲冑を着て刀で戦っている写真

甲冑と姫君衣装を着た兄妹姫君衣装を着た女の子の写真

 

町駕籠(かご)乗り体験

町駕籠乗り体験では、昔遊びや和雑貨などのブースが並ぶ参道を、町駕籠が掛け声をあげながら往復しました。町駕籠が参道を通ると通りかかった人たちは、町駕籠が通るのを興味深く見届けていました。

町駕籠が出発する時の写真参道を行く町駕籠の写真ベーゴマをしている写真

人を乗せている町駕籠の写真おはじきをしている写真

忍者ショ―

忍者ショ―では、忍者や侍が繰り広げるアクションシーンなどで盛り上がり、たくさんの子どもたちが忍者に声援を送っていました。

侍と侍が戦う忍者シャーの写真忍者と侍が戦っている写真

深大寺手作り市

深沙の杜で同時開催された手作り市も、お気に入りの品を見つけて買い求める人でにぎわっていました。

 手作り市の様子の写真人で賑わう手作り市の写真

「深大寺 秋の和めぐり」は今回初めてのイベントでしたが、秋の深大寺の雰囲気と「和」をたくさん感じることのできるイベントとなりました。

 

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。