平成28年12月より洗濯表示が改正

2016年12月5日 登録

衣類等の繊維製品の洗濯表示に関して、家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程が改正されました

平成28年12月から、衣類等の繊維製品の洗濯表示を新しいJIS L 0001(以下「新JIS」)にならったものに変更します。

新JISでは、記号の種類が22種類から41種類に増え、繊維製品の取扱いに関するよりきめ細かい情報が提供されるようになります。

また、国内外で洗濯表示が統一されることにより、海外で購入した繊維製品の取扱いなどを円滑に行えるようになると考えられます。
 新しい洗濯表示に変わることによって、一般消費者の利便性の向上が期待できます。

新しい洗濯表示のポイント

  • 5つの「基本記号」と、「付加記号」や「数字」の組み合わせで構成されています。
  • 記号の種類が22種類から41種類に増え、より細かな表示になりました。
  • 記号だけでは伝えられない情報は、簡単な言葉で記号の近くに記載されます。(付記用語) 例)洗濯ネット使用、中性洗剤使用、あて布使用等
  • 表示は、家庭洗濯、漂白、乾燥、アイロン等の処理の上限を表しています。記号が示す強さか、それより弱い範囲内で洗濯等をしましょう。
  • 家庭での乾燥記号に、「タンブル乾燥」の記号が新たに加わります。
  • 商業クリーニングの記号に、「ウェットクリーニング」の記号が新たに加わります。
  • 家庭での漂白の記号に、「酸素系漂白剤」の記号が追加されます。

くわしくは消費者庁のホームページにてご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化振興課
電話番号:042-481-7139・7140
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。