第39回調布市福祉まつりが開催される

2016年12月9日 更新

あいはここから

 市役所前庭会場の写真福祉施設の販売ブースの写真

12月3日・4日、市役所前庭と総合福祉センターで「あいはここから」をテーマに調布市福祉まつりが開催されました。
調布市福祉まつりは、調布市社会福祉協議会(外部リンク)の主催で毎年12月の第1週の土・日曜日に実施されています。

3日には、市内福祉施設などの利用者による焼き菓子や陶芸、織物などの手作り品の販売やさまざまな専門家の無料相談コーナーが、4日には、奉仕団体や大学OB会などによるバザーなどが開催されました。

賑わう市役所前庭会場の様子の写真販売ブースでの応対の写真

ステージでは、両日とも福祉施設利用者による歌や演奏、ダンスなどが披露され、調布駅前広場ではショベルカーの乗車体験もありました。

調布駅前会場でのショベルカー乗車体験の写真総合福祉センター会場での手話教室の写真

また、総合福祉センターでは、手話を学んだり、日本盲導犬協会(外部リンク)の協力により盲導犬と触れ合ったり、車イス体験などいろいろな福祉体験ができました。

総合福祉センター会場での車イス乗車体験の写真総合福祉センター会場での盲導犬体験の写真 

今年も、福祉まつりには、愛(あい)、I(アイ・私)、eye(アイ・目)、ほかにも出会い、ふれあい、ささえあいなどたくさんの「あい」がありました。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。