オレオレ詐欺・還付金詐欺に注意

2016年12月6日 登録

オレオレ詐欺・還付金詐欺をみんなで防ごう

市内の特殊詐欺

平成28年(10月末まで)の発生件数は25件で、被害金額は約5876万円でした。そのうちオレオレ詐欺が7割を占め、被害者のほとんどが70・80歳台の女性です。
調布市は、依然として被害発生件数が多い地域となっています。

調布署管内で多い手口

オレオレ詐欺 

  • 「携帯電話をなくした、壊れた、電話番号が変わった」と語り、連絡先を変える
  • 「電車(タクシー、病院など)でカバンを忘れた、盗まれた」といい、その後「カバンの中に会社の小切手が入っていて、今日中に取引先にお金を払わないといけない。用意してくれないか」などと言って、金銭を要求する。
  • 不倫相手が妊娠、交通事故、医療ミスなどと称して示談金を要求する。
  • 株で失敗したとして穴埋めのための金銭を要求する。
  • 警察官を語り、「犯人の所持品にあなたの通帳があった、口座が悪用されているため口座を凍結する、キャッシュカードを交換する」などと称してカードや現金を要求する。

だまされないために

  • 直接電話に出ない(留守番電話に設定して、犯人と直接話さない)
  • 日ごろの備え(地域で日ごろから振り込め詐欺の手口や対処方法を話し合い、被害に遭わないよう注意を呼び掛ける)
  • 冷静に判断(身に覚えがない請求や知らない人からの電話、メールは相手にしない)

還付金詐欺

市内で市役所の国民年金課(調布市にあるのは保険年金課)などの職員を語る者から医療費の還付金に関する嘘の電話が多発しています。「過去5年分の医療費の還付金がある、申請書を送ったが申請がない、振込先の口座番号を教えて欲しい」などのだまし文句を使用します。

だまされないために

市では、こうした医療費の還付金の案内は、必ず書面で通知し、書類の提出をもって手続きをしています。電話連絡だけで手続きを行うことは絶対にありません。「携帯電話を持ってATMへ」と言われたら還付金詐欺です。

まずは、市役所総合防災安全課にお問い合せください。 

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部文化振興課
電話番号:042-481-7140
ファクス番号:042-481-6881

総務部総合防災安全課
電話番号: 042-481-7547
ファクス番号: 042-481-7255

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。