深大寺でゆきあそびイベントが開催される

2017年2月2日 登録

子どもたちが大喜び 雪の滑り台と雪遊び広場 

1月28日(土曜日)と29日(日曜日)に深大寺深沙の杜において、深大寺で初めてとなる「深大寺ゆきあそび」が開催されました。このイベントは深大寺そば組合が中心となって、姉妹都市長野県木島平村の協力を得て実施しました。

当日の会場では木島平村から雪を運んで雪の滑り台と雪遊び広場が作られました。雪の滑り台はそりを使って遊ぶ本格的なもので、子どもたちの長い列ができました。子どもたちは普段なかなか触ることのできない雪に夢中になって遊んでいました。
雪の滑り台をする子どもの写真雪あそび広場で遊ぶ子どもの写真

会場では木島平村物産展のほか、おしるこ、甘酒などのたくさんの屋台が並び、集まった人たちは冷えた体を温めていました。両日ともたくさんの人で大賑わいとなりました。

たくさんの屋台が並んでいる写真たくさんの人でにぎわっている会場の写真

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化振興課
電話番号:042-481-7139・7140
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。