小金井市の可燃ごみ一部受入れ

2017年6月12日 更新

小金井市の可燃ごみ一部受入れ

多摩地域の自治体間の多摩地域ごみ処理広域支援体制実施要綱に基づき、平成29年度の小金井市の可燃ごみの一部(年間3,500トンを予定)をふじみ衛生組合で受け入れる事になりました。市民の皆さんのご理解をお願いします。

多摩地域ごみ処理広域支援体制実施要綱は、多摩地域における可燃ごみ等処理施設で相互支援協力の必要な事態が発生した場合、広域処理が円滑に実施できるよう制定された要綱で、「相互支援協力の必要な事態」とは次の場合となっています。

  1. 緊急事態・不慮の事故等による突発的な施設停止、または処理能力が著しく低下した場合。
  2. 事前予測可能事態・施設の定期点検整備または改修工事、更新、新設であらかじめ計画された事態。
  3. 2の「新設であらかじめ計画された事態」とは、一般廃棄物処理基本計画等に基づき、ごみ処理施設の建設計画が市町村等において決定されている場合。

また、相互支援協力要請があった場合は、多摩地域を3つのブロックに分けて組織したブロック内で支援することが基本となっています。

今回、ふじみ衛生組合において、小金井市の可燃ごみの一部を受け入れた経緯として、小金井市が日野市、国分寺市と共同で可燃ごみ焼却施設建設を進めていること、小金井市がふじみ衛生組合と同じブロックに所属していることなどから受け入れることとしました。
受入期間は、小金井市が建設を進めている可燃ごみ処理施設が稼働する平成32年3月までの3年間を予定しています。
なお、調布市では本要綱に基づき、二枚橋衛生組合の焼却炉が停止した平成19年4月から平成24年11月まで可燃ごみを他の自治体等の施設で受け入れていただきました。

問い合わせ先

ふじみ衛生組合
電話番号 042-482-5497

このページに関するお問い合わせ

調布市環境部ごみ対策課
電話番号:042-481-7811
ファクス番号:042-481-7814

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。