生活ひとくちメモ「ガスの小売り全面自由化が始まります」

2017年3月5日 登録

平成29年4月1日より、ガスの小売り全面自由化が始まります。

今まで都市ガスの契約は、住んでいる地域ごとに決められたガス会社と契約をする必要がありました。今後、自由化により様々な業態の事業者がガスの小売り事業に参入することが予想され、消費者にとってはサービスの選択肢が広がります。一方で小売り自由化に便乗したトラブルなども予想されますので、正しい情報を得るようにしましょう。

ガス小売り事業者の選び方

新たにガス小売り事業者と契約をする場合は、国に登録した事業者かどうか確認してください。登録事業者は、資源エネルギー庁のホームページで確認できます。

契約はサービス内容を理解してから 

ガス小売事業者は、料金の算定方法、供給開始の予定年月日やガス導管(以下導管)等の設備の工事に伴い消費者に費用の負担が生じるのかどうか等について契約締結前に説明することが義務づけられています。契約をする際は、十分説明を受けて納得してからにしましょう。 

新たなガス小売り事業者と契約をした場合の費用

現在、従来の一般ガス事業者からガス供給を受けている場合は、既存の導管を使用するため新たな導管を設置する必要はありません。オール電化やLPガスからの切替えの場合は、導管の設置や入替が必要になる場合があります。

4月1日以降のガス供給について

4月1日までに事業者を変更しなければ、引き続き同じ事業者からガスが供給されます。 

(「生活ひとくちメモ」市報ちょうふ平成29年3月5日号)

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化振興課
電話番号:042-481-7139・7140
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。