調布市看護職等ボランティア募集

2017年4月1日 登録

調布市看護職等ボランティアに登録しませんか

調布市看護職等ボランティアとは

首都直下型地震等の大規模災害の発生時、調布市では、緊急医療救護所を市内8か所の病院と東京慈恵会医科大学附属第三病院にて立ち上げ、医療救護活動を行います。

被災した方々の生命と健康を守るため、看護職等の皆さまの力が必要です。

そのため、調布市では、看護職等でご活躍している方をボランティアとして登録する「調布市看護職等ボランティア」を募集します。

災害時医療活動にご興味のある方、能力を地域に活かしたい方からのご応募をお待ちしております。 

募集対象

保健師、助産師、看護師、准看護師、歯科衛生士などの資格をお持ちの方

活動概要

  • 活動場所 市内8か所の緊急医療救護所または東京慈恵会医科大学附属第三病院
    (参考)緊急医療救護設置場所一覧
  • 活動時間 災害発生からおよそ72時間後まで
  • 活動内容
    1.緊急医療救護所において医師の指示に基づく被災傷病者のトリアージ業務の補助
    2.緊急医療救護所における被災傷病者に対する応急処置及び看護
    3.その他医療救護に係る業務(研修及び訓練等を含む。)   
    (参考)東京慈恵会医科大学附属第三病院で災害訓練が実施される

 申込み方法

ご提出先
郵便番号182-0026
東京都調布市小島町2-33-1文化会館たづくり西館4階 健康推進課
電話番号 042-441-6100

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 健康推進課
電話番号:042-441-6100
ファクス番号:042-441-6101

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。