2020年に向けた調布市アクション&レガシープランを策定

2017年4月3日 登録

2019年と2020年に向けた調布市の取組

東京2020大会、その前年のラグビーワールドカップ2019と、世界最大級のスポーツイベントが、2年連続で調布市において開催されることは、とりわけ次代を担う子どもたちにとって、スポーツの役割の重要性や平和の尊さを実感するとともに、明るい希望と夢を抱いて世界に目を開く絶好の機会となります。

市では、平成28年7月に「2020年に向けた調布市の取組方針」を策定し、調布市基本計画や調布市まち・ひと・しごと創生総合戦略と連動した様々な取組を進めていくうえでの基本的な考え方を示しました。

取組方針の具現化を図るため、2019年と2020年に向けた調布市の取組について、東京2020組織委員会のアクション&レガシープランと連動させた取組を「2020年に向けた調布市アクション&レガシープラン」として取りまとめました。

多様な主体と連携した様々な角度からの5つの取組テーマ毎のアクションを推進していくことで、大会の準備段階から開催後にわたり、長期的・継続的に東京2020大会、ラグビーワールドカップ2019により享受できる有形・無形のレガシーを創出し、調布のまちの更なる発展と多摩地域全体の振興につなげていきます。

全体構成

第1章 総論(策定目的、プランの位置付け、プランの策定・運用、レガシー創出に向けて)
第2章 5つテーマとレガシー創出に向けた取組
第3章 プランの実現に向けて(大会までのロードマップ含む)

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 政策企画課
電話番号:042-481-7368・7369
ファクス番号:042-485-0741

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。