調布飛行場の航空法違反等への対応に関する要請文を東京都へ提出

2017年3月31日 登録

調布飛行場の航空法違反等への対応に関する要請文を東京都に提出

平成29年3月29日付け新聞報道等において、平成27年7月26日に調布飛行場周辺地域で発生した小型航空機墜落事故の事故機の操縦者および整備・管理者が、国の許可を得ず航空事業を行っていた航空法違反容疑で警視庁により書類送検されたことが明らかとなりました。こうした事態を受け、清原慶子三鷹市長、高野律雄府中市長及び長友貴樹調布市長が東京都を訪問し、小池百合子東京都知事あての要請文を斎藤真人東京都港湾局長に提出し、調布飛行場の管理運営実態の徹底した調査・検証や万全な安全対策、厳格な管理運営、周辺住民の不安の解消などについて要請しました。
要請文の内容については、ページ下部にある添付ファイルをご覧ください。
 

調布飛行場における航空法違反等への3市合同緊急要請の様子の写真

(写真)斉藤港湾局長(左)に要請文を提出する三市長

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 政策企画課
電話番号:042-481-7368・7369
ファクス番号:042-485-0741

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。