深大寺で国宝白鳳釈迦如来像奉迎式が開催

2017年5月26日 登録

深大寺銅造釈迦如来倚像の帰還をお祝いして式典が開催

国宝に指定されることが決定した銅造釈迦如来倚像(どうぞうしゃかにょらいいぞう)が東京国立博物館から深大寺に帰還することを祝って、5月21日に、深大寺で法要が営まれました。

あざやかな装束をまとった僧侶衆、美しい調べを奏でる雅楽の奏者、かわいらしい稚児衆のほか、深大寺が創建された奈良時代をイメージした天平服をまとった関係者や、古代の式典の際に掲げられた幡というのぼり、銅造釈迦如来倚像模造像(どうぞうしゃかにょらいいぞうもぞうぞう)などが参道を練り歩き、きらびやかな時代絵巻が繰り広げられました。

お練り行列(雅楽)の写真お練り行列(稚児)の写真銅像釈迦如来倚像模造像の写真お練り行列住職の写真

お練り行列が本堂前庭に到着した後は、国宝慶讃庭儀大法要厳修(こくほうけいさんていぎだいほうようげんしゅう)という法要が営まれました。住職をはじめとした僧侶衆による息のあった仏教曲の唱えの響きは、厳かさの中にも美しさがあり、集まった多くの観衆は30度という暑さを忘れて聴き入っていました。

 法要散華の写真法要祭文の写真

来賓祝辞は、文化庁長官代理、調布市長、天台宗務総長、奈良国宝館館長といった銅像釈迦如来倚像(どうぞうしゃかにょらいいぞう)に関わる各分野の代表者が国宝指定についてのお祝いを述べました。

 来賓天台宗務総長の写真来賓挨拶市長の写真

住職の挨拶では、銅造釈迦如来倚像(どうぞうしゃかにょらいいぞう)の国宝指定の慶祝が、深大寺や調布、多摩地域のみならず世界的な慶事として広がりを持つようにと述べられ、それとともに世界の平和についても祈念され、会のしめくくりとされました。

 住職の写真

式典の後は、帰還した銅造釈迦如来倚像(どうぞうしゃかにょらいいぞう)の特別拝観が釈迦堂で行われました。銅造釈迦如来倚像(どうぞうしゃかにょらいいぞう)と同様に白鳳仏(はくほうぶつ)として知られる香薬師(こうやくし)(新薬師寺)・聖観音菩薩像(しょうかんのんぼさつぞう)(鶴林寺)の模造像が、釈迦如来倚像の脇侍として安置されている様子は、国宝としての荘厳さをより高めていました。

 特別拝観の写真

国宝として輝きを増す銅造釈迦如来倚像(どうぞうしゃかにょらいいぞう)の拝観に、若葉の薫る古刹深大寺にぜひ足をお運びください。

関連動画

調布市動画ライブラリー「国宝白鳳釈迦如来像奉迎式ダイジェスト」(youtubeサイトへ外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。