「グループホーム深大寺みつばち」で緊急一時保護事業を開始

2017年6月20日 登録

宿泊保護を実施

緊急の事情により、障害者の介護が困難な場合に宿泊保護を実施します。

「緊急一時保護事業」とは、ご家族等の介護者が、病気や休養等の理由により在宅での介護が一時的に困難な場合に、事業所で必要な支援を提供する事業です。

利用開始日

平成29年7月1日

対象

市内在住の18歳以上65歳未満の在宅障害者で、次のいずれも満たしている方のうち、みつばちの判定により保護することが適当と認められるもの。利用には事前登録が必要です。

  • 重度の肢体不自由を有すること
  • 知的障害を有すること

定員

1日1人

利用日

平日のみ(年末年始を除く)

利用日数

緊急一時保護事業の他施設の利用日数と合わせて月7日以内

費用

  1. 利用料
    750円(非課税世帯は免除)
  2. 食費
    朝食250円、夕食410円
  3. その他
    昼食、おやつ代等

利用登録

  1. 「緊急一時保護事業申込書」に必要書類を添えて、障害福祉課にご提出ください。提出書類は障害福祉課の窓口にございます。
  2. その後、深大寺みつばちの職員との面談。利用の可否について検討します。
  3. 利用可能な場合、登録が完了となり、利用予約が可能になります。

 

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 障害福祉課
電話番号:042-481-7094・7089・7135
ファクス番号:042-481-4288

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。